1
しばらくは高めの成長では 三和一善:実質GDPは前期比年率+3%と予想を上回る高い伸びになっている。 もっとも、内訳をみると、在庫投資の増加 や内需低迷を背景とした輸入の減少がGDPの押し上げに寄与しているように感じる。家計の消費力は 低下しているのではないか。実際の数字よりも.